リハビリテーション課のご案内

リハビリテーションは医療行為の中でも、『患者様の主体性』が最も必要であると考えます。

当院には多数の理学療法士、作業療法士が在籍しておりますが、専門家であることはもとより人として『思考力』を高めるようスタッフ一同精進し、患者様を支援させて頂いております。また、外来リハビリテーションでは個別性を重視し、専門性の高いきめ細かな治療を行っており、通院が困難な方には訪問リハビリテーションも開始致しました。今後益々、地域住民の方への医療・サービスの強化を図っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

外来の方のリハビリテーションについて

主に慢性的な痛みを伴い生活を行っている方へ、リハビリテーションを実施しております。また、近年は他医療機関で手術などの急性期医療を終え、引き続きリハビリテーションが必要な方をご紹介頂き、術後のリハビリテーションなども積極的に行っております。

入院の方のリハビリテーションについて

医師の指示のもと理学療法士・作業療法士が各種運動療法や作業活動等を行い、患者様の機能や能力の向上に努めております。また、当課の方針として、入院生活の中で患者様一人ひとりの生活の質を向上させることをテーマに『笑顔や会話の多いリハビリテーション』を実施することを心がけております。当院の特徴でもある自然豊かな環境を生かした農作業活動や季節に応じた作業活動など、今後益々力を入れていきたいと考えております。

施設基準

  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 脳血管リハビリテーションⅡ
  • 廃用症候群リハビリテーションⅡ

スタッフ

理学療法士 常勤3名 非常勤2名
作業療法士 常勤3名
あん摩・マッサージ師 1名
鍼灸師 1名

※2017年9月現在

訪問リハビリテーションについて